_dsc7061

HAPPA STAND の取り扱いをスタート。

” NOT OLD, BE CLASSIC.  「時代を越える粋なモノ」”

岐阜から新たにスタートしたブランドを紹介します。

以下から詳細をご覧下さい。

NOT OLD, BE CLASSIC.  「時代を越える粋なモノ」

美しい美濃焼の和食器、京都宇治産のオーガニック抹茶など、四季の移ろいを映し出す日本の食文化や自然の色気、職人の技を様々な食品やプロダクトに落とし込み、粋なライフスタイルを提案しています。
img_00366_hps


OCHA BY HAPPA STAND
img_00333
-にほんのおちゃ-

朝茶はその日の難逃れ。少しだけ健康も気にしながら、HAPPA STANDのオーガニックのおちゃがその場にあることで、なんとなく場が和む、 会話が生まれる。おじいちゃんと若い人、外国人と日本人、世代や人種は関係無し。おちゃを通してボーダーレスに会話が生まれる。 ”おちゃでちょっと一服”。そんな情景を提案できるHAPPA STANDのおちゃプロダクトをお楽しみください。


USTUWA BY HAPPA STAND
img_00711
-にほんのうつわ-

HAPPA STANDで取扱う陶磁器は、すべてMade in Gifuの土から生まれたナチュラルメイドな美濃焼。
北大路魯山人の有名な言葉「器は料理の着物」「食と器は夫婦関係」にあるように、日本の御茶を日本の土から生まれたうつわで飲んでもらいたい。伝統を大切にしながら、縁起の良い八角形を取り入れたデザインのHAPPA STANDのうつわをお楽しみください。



88 日本の伝統文化である「おちゃとうつわ」を現代の粋なライフスタイルに落とし込んだブランド、HAPPA STAND
HAPPA STANDの名前の由来は茶っぱ(CHAPPA)を語源に、もっと自然や地球環境にも目を向けて欲しいという想いから葉っぱ(HAPPA)にしました。また、スペルがHAPPYに見えることと家紋ロゴのモチーフにもなっている「88」でHAPPAとも読めることから東洋では、末広がりの「八」西洋では、再生の数字や無限大マークの「∞」と古今東西問わず、縁起の良い数字である「8」をHAPPA STANDのブランドナンバーにしています。


FLAG SHIP SHOP in MINO, GIFU 
旗艦店となるコンセプトショップは、岐阜県美濃市にあるうだつの上がる古き良き街並みの中にあり、築150年以上の古民家を梁などの古材を残しながらリノベーションしてあります。プロダクト、店舗を通して”粋”なHAPPA STANDのライフスタイルを提案しています。
_dsc7109
〒501-3722
岐阜県美濃市常盤町2300番地
電話   (0575)46-8859
メール  info@happastand.jp
ウェブ  happastand.jp
営業時間 午前8時〜午後5時
定休日  水曜日と木曜日

-アクセス-
車 – 美濃インター下りて、約5分
電車 – 梅山駅(長良川鉄道)下車して、徒歩約5分
バス – うだつの街並み通り(岐阜バス)下車して、徒歩約3分



お問い合わせ
通販、商品の問い合わせは、電話、メール、下記フォームからどうぞ。

SP.
TEL: 058-269-4655
MAIL: s-p@jb-voice.co.jp

問い合わせフォーム

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文



オンラインストア: http://store.jb-voice.co.jp/products/list9.html

住所: 岐阜県岐阜市玉宮町1-19

qr_code_sp

関連記事


前の記事: MINEDENIM POP-UP STORE in SP. 5月18日(金)からスタート  |  次の記事: SATURDAYS NYC - 2018 SPRING ITEM -

コメント


Featured articles

Archives

このページのTOPへ