こんにちは。BEDWIN IN NAGOYA の小久保です。
前回の定番デニムの紹介に続き、今回はBEDWIN の定番プリントTシャツを紹介します。
シーズン毎に変わるグラフィックはもちろん、BEDWIN ならではの縫製や、デザインを知ってもらえれば、
なんとなくで決めていたTシャツ選びが楽しくなるはず。

BEDWIN & THE HEARTBREAKERS の通販はこちらから!

発売アイテムの詳細は以下からご覧ください。



もともとアメリカ海軍の船内で、船乗りたちに下着として愛用されたことからはじまったTシャツ。そこから下着製造会社だったヘインズ社が商品化し、ハリウッドスター、ロックミュージシャンが愛用した事で普及したいったTシャツは、いつしか世界でもっとも愛され、もっとも身近な存在となりました。
さてさて、ファッションブランドにとってシーズンのテーマが反映されるプリントTは、いわば毎シーズンのシンボル的存在。 BEDWIN でも毎回展開しているプリントTは、BEDWIN らしい細部へのこだわりが。詳しく紹介していきましょう。

プリントTのこだわり


まずもっとも大切な生地は、アメリカの良質な肌触りの良いHEAVY WEIGHYT綿糸『コーマリングスパン糸18番手』を使用。糸から縫製、プリントまでを全ての工程をアメリカで行っています。ちなみにシャツやパンツ等Tシャツ以外のアイテムは日本製が多く、あえてプリントTはアメリカで製作。めんどうなようですが、このひと手間に、デザイナーのこだわりを感じます。


左の袖口には定番ディテイルのサイズナンバーの赤タグを配置。左裾には、Tシャツにのみ使われているハンドサインのアートワークがプリントされています。


筒状に編み上げたボディで、サイドに縫製のないのが特徴の、今ではあまり見られなくなった丸胴を採用し、見た目の印象もスリムで、着用した印象もすっきり、縫製部のゴワツキもありません。 ボディーのカラーは今年から新色でグレイが加わり、選ぶ楽しさもプラスされました。


アートワーク


テーマからインスパイアされたアートワークにもこだわりが。今回で言えばストリートなグラフィックのロゴものや、シーズンテーマ、夏になると何だか欲しくなるピンナップガールTなど。
毎回テイストの違うグラフィックが魅力ですが、写真左下の PRINT T “BENDER” が個人的に好きなアートワークなので紹介します。


今回テーマになっている “The Breakfast Club” という映画のワンシーンがデザイン元。さえないガリ勉君が映画に登場する不良と仲良くなっていけない事をしてしまう・・・という場面のデザインです。個人的にはとても好きなシーンだったので、映画好きな方は是非見てみて下さい。


Tシャツスタイル

最後はお勧めのプリントTを使ったTシャツスタイルを紹介します。


BASEBALL CAP “GREG” (¥9,000+TAX)
S/S PRINT T “BENDER” (¥7,500+TAX)
SKINNY FIT DENIM PANTS RAW “BUD” (¥20,000+TAX)




CHAMBRAY COACHES JKT FADED ”JILL” (¥30,000+TAX)
S/S PRINT T “DEREK” (¥7,500+TAX)
5/L DICKIES TC PANTS “MANI” (¥15,000+TAX)




L/S FLANNEL CHECK SHIRT FADED “RICK” (¥17,500+TAX)
S/S PRINT T “KERR” (¥7,500+TAX)
SKINNY FIT DENIM PANTS RAW “BUD” (¥20,000+TAX)



お問い合わせ
通販、商品の問い合わせは、電話、メール、下記フォームからどうぞ。

BEDWIN & THE HEARTBREAKERS IN NAGOYA
TEL: 052-265-9516
MAIL: bedwininnagoya@jb-voice.co.jp

問い合わせフォーム

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文



オンラインストア: http://store.jb-voice.co.jp/products/list244.html

住所: 愛知県名古屋市中区大須3-1-65 (JACK IN THE BOX 内)

ケータイからもサイトを見られます↓


前の記事:  |  次の記事:

コメント


Featured articles

このページのTOPへ