JACK IN THE BOX 日替わりショートパンツスタイル。
最終日の今日のテーマは、ずばり”デートの時に穿きたいショートパンツ”。
明日から週末で、休みの方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?
休みの日には大切な人とデート。そんな週末を過ごしたいですよね。
デートといえども、キメ過ぎるのはちょっと抵抗がある、でもかっこよく見せたい。
そういったときにオススメのデートスタイルを紹介します。
又、デートの時に持っていてほしいバッグも合わせて紹介します。

それではどうぞ。


落ち着いたコーディネートに、夏色をプラス。

落ち着いたトラッドな印象のポロシャツにはシンプルなショートパンツがベスト。
ですが、暗い色ばかりのコーディネートでは、キメ過ぎな雰囲気に。
そんなときには、ネイビーショーツにオレンジの配色が特徴のポロシャツを合わせてさりげなくキメて!

単色系でまとめているので、小物で明るさをプラス。

ポロシャツ¥19,000+TAX(FRED PERRY × RAF SIMONS)
ショートパンツ¥16,000+TAX(WACKO MARIA)
サンダル¥19,000+TAX(BIRKENSTOCK)
時計¥23,000+TAX(VAGUE WATCH)
トートバッグ¥4,800+TAX(MR.GENTLEMAN)


大人っぽく、でも遊び心も忘れない。

大人っぽいスタイルでまとめても、遊び心は忘れたくない。
暗めなボトムには、トップスを明るめにしてスタイルをまとめるのがベスト。
さらにネクタイで引き締め、大切な人とのデートにも。

爽やかさをプラスする、アイボリーカラーのトートバッグで涼しげに。

パーカ¥19,000+TAX(BEDWIN & THE HEARTBREAKERS)
オックスフォードシャツ¥17,000+TAX(BEDWIN & THE HEARTBREAKERS)
ショートパンツ¥20,000+TAX(BEDWIN & THE HEARTBREAKERS)
ネクタイ¥9,000+TAX(BEDWIN & THE HEARTBREAKERS)
トートバッグ¥22,000+TAX(MAKR CARRY GOODS)


いつだってネイビーは、スタイルの中心カラー。

どんなカラーにも相性抜群のネイビーカラーはスタイルの中心です。
ダークトーンのスタイリングにも少し明るさをプラスしてくれる万能アイテムですね。
勝負の日には、こんな組み合わせで臨みたいですね。

持っているだけでさりげなくカッコいいそんなクラッチバッグです。

シャツ¥18,000+TAX(FACTOTUM)
スラックスショートパンツ¥17,000+TAX(FACTOTUM)
ブレスレット¥13,000+TAX(KIM & ZOZI)
バングル¥5,000+TAX(FACTOTUM)
メガネ¥45,000+TAX(TOM FORD)
クラッチバッグ¥20,000+TAX(FACTOTUM)


白シャツ+ショートパンツで男の魅力を引き出す。

いつの時代も白シャツは、モテアイテムNO.1。
カチッとした雰囲気にも、ラフな雰囲気にも様々な印象が楽しめます。
これから大事なデートを控えている方、夏のデートスタイルは白シャツ+ショートパンツですね。
モノトーンな色合わせで、統一感を演出。

余分なカラーを加えず、白黒のみの組み合わせで男らしさを。

オックスフォードシャツ¥15,000+TAX(N.HOOLYWOOD)
ショートパンツ¥19,000+TAX(N.HOOLYWOOD)
モカシン¥44,000+TAX(N.HOOLYWOOD)
ターコイズブレスレット¥7,000+TAX(N.HOOLYWOOD)
トートバッグ¥19,000+TAX(MAKR CARRY GOODS)


お問い合わせ
通販、商品の問い合わせは、電話、メール、下記フォームからどうぞ。

N.HOOLYWOOD NAGOYA
TEL: 052-265-9512
MAIL: nhoolywood@jb-voice.co.jp

FACTOTUM NAGOYA
TEL: 052-265-9514
MAIL: factotum@jb-voice.co.jp

BEDWIN & THE HEARTBREAKERS IN NAGOYA
TEL: 052-265-9516
MAIL: bedwininnagoya@jb-voice.co.jp

GOLDKISS
TEL: 052-265-9517
MAIL: goldkiss@jb-voice.co.jp

問い合わせフォーム

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文



住所: 愛知県名古屋市中区大須3-1-65


前の記事:  |  次の記事:

コメント


Featured articles

このページのTOPへ