秋物を買うなら長く着られる物が気になります。
今回紹介する 3つのコーディネートは、どれも今から着られて、上にコートを羽織るだけで冬もばっちり使えるものばかり。
参考にしてくださいね。

詳細は以下からご覧ください。


コーディネート 1


122-KT02 / ショールカラーカーディガン ¥39,900- color: CHARCOAL
222-SH03 / チェックネルシャツ ¥16,800- color: BLACK CHECK
922-CP03 / チノパンツ ¥19,950- color: KHAKI
122-SE02 / レインブーツ ¥65,100- color: BLACK

今シーズン気になるアメリカントラッドテイストのスタイルを手軽に楽しむには、ショールカラーのカーディガンがおすすめ。
いつものコーディネートに加えるだけで、簡単に「らしい」スタイリングに。
もちろん着心地もソフトで暖かなので、秋のジャケットがわりに、冬のインナーがわりに長く着られます。
チェックのネルシャツは落ち着いた大人っぽい色の物を選んで。
1941年、アメリカ軍の制服として正式採用された、“41カーキ”モデルをベースにしたチノクロスパンツは、高密度のハリのある生地に硫化染めすることで、穿き込んだような独特な色落ち感があります。
短くロールアップしてボリュームのあるブーツを合わせれば、今年らしいバランスに。


コーディネート 2


122-KT01 / ニットジャケット ¥40,950- color: BLUE
122-CS09 / Vネックカットソー ¥14,700- color: NAVY
122-CP06 / ワイドカジュアルパンツ ¥23,100- color: IVORY
122-SE03 / ローファー ¥54,600- color:BROWN

ニットの柔らかな質感と雰囲気が、肩ひじの張らないリラックスしたジャケットスタイルを楽しませてくれます。
このニットジャケットの魅力はレトロなデザインと雰囲気。
今回のテーマになっている「アーネスト・ヘミングウェイ」が実際に60年代に着ていたニットジャケットをモチーフにしていますので、やはり今の物には無い、良い古臭さがあります。
素材はニットですので、真冬にはカーディガンがわりにコートのインナーに使うと暖かいです。
首もとにだけちらっとボーダーをのぞかせたカットソーとアイボリーのワイドパンツで、ジャケットスタイルをカジュアルで爽やかに。
楽チンだけれど、手を抜きたくない、そんな着こなしがお好きな方にお勧めしたいコーディネートです。




122-KT12 / ボーダーカーディガン ¥21,000- color: IVORY×NAVY
122-SH02 / パッチポケットシャツ ¥18,900- color: GRAY
122-AC17 / ジャガードタイ ¥8,400- color: NAVY
122-CP05 / バギーパンツ ¥23,100- color: NAVY
122-SE03 / ローファー ¥54,600- color:BROWN

トップスの着こなし方はかっちりしていますが、それぞれのアイテムのゆるさとパンツのカジュアルさで程よく力が抜けたコーディネート。
ボーダーのカーディガンは、コートを上に着た時でもちらっと見えると爽やかな印象を与えてくれます。
シャツはウールとコットンを混ぜた生地なので、柔らかさがあり、決めすぎない柔らかな雰囲気。
それをネクタイで引き絞めています。
パンツはマリンパンツをモチーフにしたもの。
ウエストのひもがかわいらしいアイテムです。
ローファーを合わせて足元まで気を抜きません。


お問い合わせ
通販、商品の問い合わせは、電話、メール、下記フォームからどうぞ。

N.HOOLYWOOD NAGOYA
TEL: 052-265-9512
MAIL: nhoolywood@jb-voice.co.jp

問い合わせフォーム

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文



住所: 愛知県名古屋市中区大須3-1-65 (JACK IN THE BOX 内)

ケータイからもサイトを見られます↓


前の記事:  |  次の記事:

コメント


Featured articles

このページのTOPへ