r1420501e381aee382b3e38394e383bc

こんにちは。JACK IN THE BOX の阿部です。
前回の投稿から少し間隔が空いてしまいましたが、 CLOON KEEN ATELIER の キャンドル を今回は紹介します。

良い香りはリラックス効果をもたらし、心と身体に様々な良い効果を与えるものだそうです。
香りは生活の重要な一部。家や職場、外出先で、良い香りに包まれながら普段の生活を楽しみたいですね。

前回紹介した CLOON KEEN ATELIER の 香水 はこちらからご覧ください。

以下、詳細をご覧ください。


r1420497e381aee382b3e38394e383bc
CLOON KEEN ATELIER のキャンドルは伝統的な手法で創られています。コットンの芯をボトルの中心に真っすぐに立たせ、19個1バッチに分けられロウを流し入れます。芯は倒れていないか、ロウソクが均等に燃える様職人が厳しくチェックを行います。そして、最後にアトリエでボトルに一つ一つ手作業で入れられ、箱に詰め、レーベルを張ります。CLOON KEEN ATELIERのキャンドルを最大限楽しむには、毎回3~4時間程燃やす事です。そうする事によって、ワックスがちょうど良く広がり、無駄無く使う事が出来ます。また、すすを防ぐ為にもロウソクの芯を5mmに保ち、ロウソクの芯が倒れるのを防ぐには、火を消した後のロウがまだ温かい時に、マッチ等を使って立たせる事がお勧めです。

r1420484e381aee382b3e38394e383bc
CLOON KEEN ATELIER のものづくりは原材料への深い理解をベースとしています。キャンドルの場合、比較的低温でも溶けやすく香りの広がりに適している特別な処方のワックスを使うことをもっとうとし、また使い終わりまで香りを楽しめるように、香料がワックスとしっかりと調和していることを確かめながらひとつひとつハンドメイドで作られています。香水やキャンドルに貼られているラベルは1859年創業の地元の伝統的なレタープレス会社で作られ、香りの製作はヨーロッパの香料業界で評価を受ける三人の調香師たち - ステファニー・バコーシュ、デルフィン・ティエリ、ラス・マステンブローク - とのコラボレーションによるものです。

燃焼時間は約60~70時間です。


ANTIQUE LIBRARY
anti
LIBRARY=図書館。その名の通り、古風な図書館に広がるどこか懐かしく暖かいノスタルジックな印象を表現した香りです。ナツメグ、シトラス、シダーウッドが香調のベースです。特別な時間を立地に彩る事ができる香りです。


GOOSEBERRY LEAF
goose
グースベリーの香りがマンダリン、ベルガモット、ローズ、クチナシの花の香りと混ざり合い、フレッシュな印象とエレガントな印象をパーフェクトに演出します。フレッシュなフルーティノートが好きだけど、それだけでは物足りない、少しヒネりを求めている方にピッタリの香り。初春から初夏にかけてピッタリの香りです。


ROSE TEA
rose
黒茶を巻いた葉にバラの花びらをブレンドした、柔らかなローズティーをイメージした香りです。ローズ、ジャスミン、茶葉をベースとした香調がベルガモット、ラズベリーによって華やかに広がっていきます。お茶会をイメージして作られた香りです。


香りの記憶は、視覚的な記憶に比べて忘れにくいというデータもあります。
今夏は CLOON KEEN ATELIER の キャンドル を生活に取り入れて、心と体を落ち着かせ、リラックスしたライフスタイルを送ってみませんか。
気になった方は、店頭で実際に香りを体感してくださいね。

それでは!


お問い合わせ
通販、商品の問い合わせは、電話、メール、下記フォームからどうぞ。

GOLDKISS
TEL: 052-265-9517
MAIL: goldkiss@jb-voice.co.jp

問い合わせフォーム

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文



オンラインストア: http://store.jb-voice.co.jp/products/list12.html

住所: 愛知県名古屋市中区大須3-1-65 (JACK IN THE BOX 内)

ケータイからもサイトを見られます↓
qr_code_goldkiss

関連記事


前の記事: Acne Studios 2014 A/W シーズンの立ち上げアイテムの中から、注目のアンクル丈ジーンズ “Town” を紹介。  |  次の記事: Acne Studios 2014 A/W シーズンが 7月5日(土) スタート。 定番ジーンズ “MAX” を紹介。

コメント


Featured articles

Categories

このページのTOPへ