r1409859e381aee382b3e38394e383bc

こんにちは。JACK IN THE BOX の阿部です。

今回は、先週末に入荷したばかりの新ブランド 『CLOON KEEN ATELIER』 のオード・パルファンを紹介します。
アイルランド西部の職人の技術によって調香され、箱詰め、ラベルを貼る作業までの過程を全て手作業で行っているブランドです。

以下、詳細をご覧ください。


BLAND HISTROY

20120508013618b07
CLOON KEEN ATELIER (クルーン キーン アトリエ) はアイルランドの西部、コリブ川の流れるのどかな街、GALWAYで生まれました。
何よりも香りを愛し、香りの持つストーリー性や情緒的な側面の可能性を信じているクリエーター、マーガレット・マンガン はアイルランドのゴールウェイを バックボーンとしたブランド、CLOON KEEN ATELIER を 2002年 に立ち上げました。
シンプルなデザインの中に潜む本質的なものとしての良さを追求しながら、感情に訴えかける香りのストーリー性を極限まで高めて行く ”Dramatic Simplicity” というデザインコンセプトのもと、マーガレットは自らの愛する映画や音楽、そして、懐かしい過去のひと時にインスピレーションを求めながらプロダクトを作り上げていきます。
魂を吹き込むように作られて行くアイテムの数々は、彼女と気心の知れたスタッフが全て自らハンドメイドで仕上げています。


r1409851

香水の種類

香水とは、アルコールに溶かした香料の割合により、大きく分けて4種類に分類されるそうです。
持続時間や濃度のバラつきによって呼び名を変えており、

『パルファン』 『オード・パルファン』 『オード・トワレ』 『オーデ・コロン』

左記から持続時間、濃度が強くなり、一般に呼ばれている香水は正確にはパルファンだけを指すそうです。
オード・トワレ、オーデ・コロンの「オード(EAU)」とは、フランス語で「水」という意味だそうです。

CLOON KEEN ATELIER 入荷した香りは3種類。

今回入荷した、CLOON KEEN ATELIER はオード・パルファン になります。
パルファン の様な最長7時間前後の持続性はありませんが、おおよそ5時間前後の持続性があるので、気軽に香水を付けることが出来、香水を付けていく場を選びません。


CASTANA (カスターナ)
マスキュリンを表現する男らしい匂いのハイチ産のベチバーを主に混合して作られ、女性らしい豪華なカシスとジャスミンの香りを混ぜています。華やかで伝統に従わないフェミニンでミステリアスな香りです。
r1399886

LUNE DE GIVRE (ルーン ド ギブル)
FROSTED MOON“月光の香り”をイメージした、ユニセックスで使える香水です。
アンゼリカ、ニオイイリス、ベチバー、ガルバヌムをブレンドしたもので、親しみやすく、感覚を喜ばせる香りが魅力的でユニークな香りです。
r1399895

TERREDEL’ENCENS (テール ド ロンソン)
この香りは、オーマンから古代帝国にわたる雄大な旅を嗅覚で表現し、栄枯盛衰さながらに、やがて砂漠へと消えていく歴史に思いを馳せた香りをイメージしています。塩と鉱物の調和をイメージした香りは肌についた砂粒を、傍らに添えられたアイリスの情熱的とともに、男性の魅力を引き立てる香りです。
r1399893

r1399897
パッケージもシンプルで、贈り物にも最適。
是非、店頭で香りを体感してくださいね。

次回は、CLOON KEEN ATELIER の伝統的な手法で作られた 『キャンドル』 を紹介します。

それでは!


お問い合わせ
通販、商品の問い合わせは、電話、メール、下記フォームからどうぞ。

GOLDKISS
TEL: 052-265-9517
MAIL: goldkiss@jb-voice.co.jp

問い合わせフォーム

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文



オンラインストア: http://store.jb-voice.co.jp/products/list12.html

住所: 愛知県名古屋市中区大須3-1-65 (JACK IN THE BOX 内)

ケータイからもサイトを見られます↓
qr_code_goldkiss

関連記事


前の記事: sacai 2014 A/W コレクション 6月28日(土) スタート。 STYLE vol.1  |  次の記事: 今すぐ着たい! 6月21日(土)、MR.GENTLEMAN ミッドサマーコレクションを発売!

コメント


Featured articles

Categories

Archives

このページのTOPへ