r1373879

こんにちは。 JACK IN THE BOX の花田です。
暖かくなると薄着になってボリュームが減るので、何か物足りなく感じますね。
春っぽさを出す為に、ジャケットやシャツの袖をまくり上げる時も、手首にポイントが欲しいところ。
じゃあブレスレットを買おう!と思っても、どれがお洒落なのかわからない…なんて声が毎年この時期になると聞こえてきます。
ですので、今年僕が欲しいお洒落なブレスレットを、ちょっとしたウンチクと一緒に紹介します。

詳細は以下から。


MARIA RUDMAN (マリア・ルドマン)

r1373867
マリア・ルドマンは個人的に一番おすすめのブランド。
装飾がとても上品で綺麗で、ファッションブレスレットというより芸術品の様。
モデル、スタイリスト、写真家など幅広い分野で活躍し、現在はパリに拠点を置くマリアルドマン。
彼女のルーツは北欧の少数民族サーミ人。トナカイと共に遊牧生活をしていた人たちです。

karesuando-3
サーミ人の民族衣装は、とてもカラフルでかわいいんです。
マリア・ルドマンはそれまでの経緯で培われたセンスと自身のルーツとを組み合わせ、ジュエリーブランド 「MARIA RUDMAN」 を立ち上げました。

r1373868
サーミ人の生活に縁深いトナカイの革を使ったレザーブレスレット。
錆や腐食に強い錫(すず)を巻きつけた糸で施された刺繍の美しさは、見事!の一言。
熟練の職人さんが手仕事でひとつひとつ仕上げています。
この刺繍模様には魔よけやお守りの意味もあるそうです。
留め具はトナカイの角を削り出したボタンを使っています。

r1373875
色と太さの違うものを重ね着けしていますが、異素材のものと組み合わせても良いですね。
とても上品なブレスレットなので、女性にもおすすめしたいです。


MIANSAI (ミアンサイ)

r1373856 r1373857 r1373859 r1373860
ミアンサイ は、ニューヨーカー Michael Andrew Saiger がデザインするジュエリーブランド。
頭文字を取ってミアンサイ。覚えやすいですね。
ミアンサイの特徴は、とても都会的な雰囲気を持っている事。
色の綺麗なレザーとメタルパーツの組み合わせ、清潔感がありカジュアルな、プレッピー感のあるデザインは、ニューヨークらしさを感じます。
SATURDAYS SURF NYC の様な、都会的なサーフスタイルにぴったりです。

img_5779 miansai-interior
昨年ニューヨークに旗艦店をオープンし、話題になっています。

r1373861
重ね着けしてもごちゃごちゃしないデザインなので、色の明るい物を組み合わせて夏っぽい雰囲気を出したいですね。


KIM&ZOZI (キム・アンド・ゾジー)

r1373863
女性からの人気、知名度がとても高い、キム・アンド・ゾジー。早い方には昨年の内から話題になっていました。
手作り感、ヒッピー、ボヘミアンテイストのデザイン、ポップなカラーと春夏シーズンにばっちり。
ミサンガの様な編み込み、ビーズ、チェーンにジルコニアと、異素材の組み合わせが良いですね。
スタイリストのキムとフォトグラファーのゾジーが手作りのブレスレットを交換したのがブランドの始まり。
アート、ミュージック、サーフィンと二人の好きな物がデザインの元になっています。

そしてキム・アンド・ゾジーと言えば、ブレスレットの重ね着け。
こちらは初心者向け大人し目バージョン。

r1373874
上級者にはこちら。

201402021221369d3 2014020212213933e
色んなデザインのブレスレットを重ねて着ける、このジャラジャラな感じが夏らしい。
男性がこういったポップなデザインのブレスレットを着けるのが新鮮です。


wakami (ワカミ)

r1373870
内戦が長く続き、国も人々も疲弊し貧しいグアテマラ共和国の人たちの、経済的自立支援を目的として始められたこのブランド。
発展途上国で作られたものはとても安く買われて、高い価格で先進国に輸出されるものですが、それを適正価格で買い取り、生産者に十分な利益を残そうという貿易モデル「フェアトレード」によってワカミはグアテマラの貧しい人たちを支援しています。
僕がワカミのブレスレットを買う事で、グアテマラの誰かを支援していると思うと、もう一つ欲しくなりますね。

ワカミのブレスレットは、中米特有のデザインと価格が魅力。
基本的にはぐるぐると腕に巻きつける長いものや、2本~7本セットになったもので構成されていますが、2,000円(税抜)からととてもリーズナブル。
まとめ買いされる方や、他のブレスレットのついでに買っていかれる方もいます。

r1373878

いかがでしょうか。 ウンチクがちょっと長くなってしまいましたが、参考になりましたか?
昨年から引き続き、今年のトレンドも重ね着けです。
ルールは無いので、気に入ったものを一つずつ増やしていって、自分だけのスタイルを作ってみてください。


お問い合わせ
通販、商品の問い合わせは、電話、メール、下記フォームからどうぞ。

GOLDKISS
TEL: 052-265-9517
MAIL: goldkiss@jb-voice.co.jp

問い合わせフォーム

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文



オンラインストア: http://store.jb-voice.co.jp/products/list12.html

住所: 愛知県名古屋市中区大須3-1-65 (JACK IN THE BOX 内)

ケータイからもサイトを見られます↓
qr_code_goldkiss

関連記事


前の記事: POSTALCO for UNIONMADE 久留米絣を表紙に使った特別仕様のノートブックが発売。  |  次の記事: DRIES VAN NOTEN の今シーズン注目の花柄シャツを紹介。

コメント


Featured articles

Categories

Archives

このページのTOPへ