A.P.C. から、新作の ネップ入りニットを使用した雰囲気のあるニットセーター、薄手のブルゾン、ボア付きのコート、スニーカー などが入荷しました。
どのアイテムも生地にこだわりのある A.P.C. らしいアイテムです。

アイテム詳細は以下からご覧下さい。


COL ROND RAGRAN ラグランニットセーター
color: BLUE, GRAY
price: ¥19,950- (tax in)
肩の部分がすかし編みになっているミドルゲージニットセーター。
ネップ糸を使用していて昔ながらの暖かみのある質感が特徴的です。
ナイロンも30%混合なので薄手で柔らかく、秋口にショートパンツとも合わせ易いアイテムです。


COL ROND VINTAGE ヴィンテージニットセーター
color: WINE, BLUE
price: ¥19,950- (tax in)
3色以上の糸を使用して編まれているヴィンテージ風ニットセーター。
色見のあるウールが着込むうちに少し毛羽立ち、ヴィンテージニットのような表情に変化していきます。
ニットセーター、ノンウォッシュスリムデニムパンツ、ローファーのコーディネートはこの秋を象徴するスタイルです。


BLOUSON MOTO ヘリンボーンブルゾン
color: DARK NAVY
price: ¥47,250- (tax in)
シンプルなライダースジャケット風ブルゾン。
表地は、スコットランドで古くからある、ロバート・ノーブル社に A.P.C. が別注を掛けた生地を使用しています。
薄手で軽く、とても使い勝手の良いブルゾンです。
秋口からカットソーの上に羽織れるのが嬉しいですね。


上のブルゾンと、下のコートに使われている「ホワイトリー&グリーン」は1885年に創業したロバート・ノーブル社のカテゴリー別のマテリアルとして、元々はホースライデイング(乗馬)の為に開発された生地です。
フィールドのハードワークに耐えられる事を前提にしたマテリアルですが、近年は都会的なファッションを意識した色使いで多くの著名なブランドも採用するようになった生地ブランドです。


CANADIENNE カナディアンコート
color: DARK NAVY
price: ¥63,000- (tax in)
上のブルゾンと同生地を使用したカナディアンコート。
カナダで林業作業をするときに着るコートをベースにしていて暖かい着心地です。
エリにボアがついているのが特徴的です。
裏地はキルティングコットンを使用していて柔らかい着心地です。
トレンチコートなどとは一味違うコートに挑戦してみてはいかがでしょうか。


DUFFLE COAT EMPIECEMENT CLASSIQUE ダッフルコート
color: DARK NAVY
price: ¥57,750- (tax in)
薄くて軽いメルトン生地を使用したダッフルコート。
昔ながらなシンプルかつ存在感のあるコートです。
ウールはフランスのものを使用しています。
細ミなシルエットが現代風で、コーディネートに取り入れやすくなっています。
ダッフルコートをお探しの肩は是非1度袖を通してみて下さい。


DOUDOUNE 70 ボンディングジャケット
color: BLACK
price: ¥60,900- (tax in)
表地に水の浸透を防ぐ、ボンディング加工を施したジャケット。
コットンにポリエステル樹脂加工をすることにより、水の浸透を防ぎます。
樹脂加工により、表面はコットンとは違う触り心地になっています。
裏地にはレーヨンとポリエステル混合生地を使用していて着心地抜群です。
高機能素材とは違う着こなしが出来る、機能的なジャケットは街着に最適です。


TENNIS FOURREES スウェードスニーカー
color: CAMEL , WINE
price: ¥31,500- (tax in)
スウェードを使用したテニスシューズモチーフのスニーカー。
表地は牛革、裏地はムートンを使用した豪華なスニーカーです。
インソールが羊革なので柔らかい履き心地に。
サイドがボアになっているので暖かさも抜群に良い靴です。
ロングソックスと細身のパンツのロールアップスタイルで秋冬らしく合わせたいアイテムです。


お問い合わせ
通販、商品の問い合わせは、電話、メール、下記フォームからどうぞ。

TEL: 058-214-8217
MAIL: argus@jb-voice.co.jp

問い合わせフォーム

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文



オンラインストア: http://store.jb-voice.co.jp/products/list5.html

住所: 岐阜県岐阜市玉宮町2-9-5

ケータイからもサイトを見られます↓


前の記事:  |  次の記事:

コメント


Featured articles

このページのTOPへ